そして、生き残った和夫は

邸の庭に供養塔を建てた。

 

 

山村、夫人、赤ちゃん。

そして仲間たちの……。

 

二度とこんな悲劇が起こらないよう願いながら……。

 

 

 


 

ある意味、最もエンディングらしいエンディング。

文中の「和夫」ですが、生き残った一人の名前に置換される所もニクイです。

ただ、CG使い回しはちょっとどうかな、というのが素直な第一印象でした。

 

ご愛読ありがとうございました。